Monthly Archives 7月 2018

投資の注意点

2018.07.17
/ / /
Comments Closed

金貨投資をするのであれば、それなりの注意点があるのです。

財布まず、一つ目の注意点としては、投資目的の金貨を購入する場合には、地金型金貨を購入することがおススメになります。地金型金貨を購入するにしても、その日の金価格によって日々価格が変動しますが、収集型金貨の場合は希少価値によって価格が変動します。ですから、投資するならば地金型金貨を購入するのが良いでしょう。

金貨の小売価格は、造幣局が金貨を製造する際にかかる製造費や輸送費といった諸費用がプレミアムとして上乗せされることになります。ちなみに、このプレミアムは、金貨の重量サイズが小さいほど大きなものとなります。ですから、1オンスの金貨を1枚買う場合、10分の1オンスの金貨を10枚買う場合と比べると、後者のプレミアムの方が大きくなり、金額的にも割高になってしまうのです。

保管にも注意が必要になります。例えば、表面に傷がついた金貨というのは、売却時の価値が下がる可能性があります。傷が大きければ地金再生価格でしか買取をしてもらえません。これは、プレミアム分の価値を差し引いた価格になってしまいますから、取り扱いには気を付けましょう。ちなみに、このプレミアムの消失には注意することが大事で、金貨を購入する場合には安定した国が発行している地金型金貨を買うことが大事となります。

金活用は投資

2018.07.02
/ / /
Comments Closed

金貨を活用する方法と言えば、やはり金貨を使った投資です。投資目的というのであれば、地金型金貨を購入するというものです。金貨には、アンティーク金貨、記念金貨といった収集型金貨、そして投資用として発行される地金型金貨があるのです

上がり下がり収集型金貨というのは、レア度の高さ、デザインの人気と言った部分で高い価格での取引がされるのですが、人気がなくなってしまうと売買価格が下落する可能性があるため、投資には向いていないと考えられるのです。一方、地金型金貨は、金価格をベースに製造費などのプレミアムを上乗せした金額になるため、金価格が上がれば価値が上がり、下がると価値も下がります。地金型金貨は、発行元の政府が金貨の品質を保証しているため、安全に取引が出来るという特徴があります。このため、投資目的であれば、地金型金貨を購入することが良いと思われます。

金貨投資というのは、お金がかかると言われていますが、実は少額から金投資をはじめることが出来るのです。また、金貨のサイズはとても小さいですから、保管の場所に対して場所を取ることもありません。もちろん、コレクション用にも、贈り物にも利用が出来ます。将来のためにも資産として用意をすることが出来るのです。

金貨を活用したい

2018.07.01
/ / /
Comments Closed

金貨とコイン金貨を活用させたいと思ったとき、どのような方法が考えられるでしょう。当然ですが、持っているだけでも価値があるということですが、実は金の価格というのは日々変動するものです。これはつまり、投資に使うことが出来るというわけです。

世の中には、株をはじめとして、その日によって金額が変わるものがたくさんあります。そして、金貨もその中の一つとなっているのです。グラム単位の金額が出るところが多いですが、その金額はかなりのものだと思います。実際、変動が大きいものもあれば、小さいものもあるわけですが、結果的にどちらの形だとしても投資には十分活用できるものとなるはずです。

金貨には2つの種類があって、記念金貨のようなもの、それから投資用に作られている金貨と言うものがあるのです。まさに、この投資用の金貨を使うことにより、存分に投資を楽しむことが出来るようになるわけです。

投資型金貨は、ある程度の金額の動きもあるのですが、全くの動きがないと思ったら、一瞬でプレミア的な価値のなくなる金貨よりは投資商品としてふさわしいところがあります。金貨の活用法については、投資が効果的であると先に仮定したうえで、投資型金貨を使うことをお勧めしたいです。投資も少額から出来ますから、初心者にも良いと思われます。

では、この投資型金貨について、そしてこれを使うことにおけるメリットについて紹介します。利用価値があるものですから、余裕があるならば、投資をしてみたら良いかと思われます。